RECOMMEND
オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版 (JUGEMレビュー »)
ジェラルド・バトラー
古典ミュージカル。
いくつもの時代を超えて愛された物は理由がある。
でも「理由」を形容する言葉がないとき、私は「見てくれ」としか言えないんです・・
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

花夢電科雑多log

移転しました!→ http://d.hatena.ne.jp/sugan/
<< 自作オーディオ関連まとめ【まとめ】 | main | 【電気電子】ドークボット B∀Z∀∀R!行ってきたぜ!【面白イベント】 >>
純正カーオーディオをハック&改造でiPodを繋げたよ
私の車、マツダ ファミリア (年式 H12 4月)
純正のカーオーディオを取り外していたんだけど、これにスピーカー繋げて普通のオーディオとして使う必要が出てきたので。

改造しました。
iPodを直で接続。
カセットデッキの出力信号を奪い取ってiPodの音声信号を流し込んでるよ。

分解。
基板にカプラ端子の機能(スピーカLとか)が書いてあって便利。
カセットユニットが丸ごと外れたので、こいつをハック。



基板を観察する事約2時間。
電解コンデンサが2つ並んでいる事に気づく。
 「これは・・DCカット用カップリングコンデンサ?」
この予想、見事的中。
オシロで当たってみると見事音声信号が出てる。
なので、ここに配線追加。
この配線を使ってiPodの音声信号を流し込む。

原理としては
オーディオは、カセットの音声信号と勘違いして
iPodの音声信号を流してくれる、って仕組み。


オシロ便利ね。
基板解析が楽々進む。



製作途中のテーブル&奥に見える黒い2個はスピーカ。
iPod接続&スピーカ接続。
見事音出る。
カーオーディオを、見事騙してiPodの音楽を流せるようになりました!

カーオーディオのはサイズの割には大きい出力出せるからイイネ!
音は悪いけどね〜。
| 技術 | 22:39 | comments(0) | - | - | - |